半身浴法編

半身浴が健康や美容によいことは、よく知られていることですが、入浴のしかたや入り方がたいせつです。

正しい半身浴法をすることで、より健康や美容の効果が手に入ります。

半身浴がなぜ、よいかといわれていると、体の負担を少なくしてたくさんの汗をかくことができるためです。

汗をたくさんかくことは、体にたまっている毒素や脂肪分を出すことであり、内側からスリムになれます。

それだけではなく、水分が出ることによってむくみの改善にも役立ちます。

また、副交感神経が有利になるので、リラックス効果や冷え性改善、美肌効果もあります。

正しい方法は、まず38度から40度程度のぬるめのお湯を用意します。

ぬるいと感じる程度が長く入っていられるこつです。

お湯の量はみぞおちまでがよいのですが、寒い場合には肩にタオルをかけるのもよいです。

そして入浴しているときの姿勢もたいせつです。

どうしてもリラックスしようとして、お風呂のふちに頭をもたげてしまいがちですが、この姿勢を長く続けていると首に負担がかかり、首の血流を制限してしまいます。

そうすることでかえって首がこってしまうので、頭はなるべくまっすぐにしましょう。

そして汗をかきやすいので、水分補給をするのもたいせつです。

コメントは受け付けていません。